WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう
最終更新日:2018.08.12

FacebookやTwitterなどのSNSはサイトのアクセスを増やすために、かなり大きな効果を発揮してくれます。

記事をシェアやリツイートする事で、話題が次々に共有され広がっていくことにより、短い期間で効果的なアクセスを得る事も可能になったり、Facebookページを利用すれば、企業や店舗にとって優良な顧客の獲得ができたりも。

今やSNSサービスはウェブページからの集客を考慮すればなくてはならない存在かもしれません。

今回紹介するワードプレスプラグイン「WP Social Bookmarking Light」はプラグインをインストールして有効化するだけで、とっても簡単にソーシャル共有ボタンを設置する事ができる優れもの。

FacebookやTwitterだけではなくgoogle+やはてなブックマークなど、多種多様なSNSボタンを設置する事ができます。

WordPressプラグインの簡単な導入方法を参考に「WP Social Bookmarking Light」をインストール&有効化しておきましょう。

SNSボタンを設置してみよう

「WP Social Bookmarking Light」の初期設定はとっても簡単で、マウスをポチポチと数回クリックするだけでソーシャルボタンの設置が完了します。

024
WP Social Bookmarking Lightのインストール&有効化が出来れば、管理メニューの「設定」にWP Social Bookmarking Lightが追加されるので、選択して管理画面を開きましょう。

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう1

位置

これはWP Social Bookmarking Lightをどの位置に表示させるか、という設定になります。記事の上が「TOP」下部が「bottem」両方が「both」表示させないが「none」となっています。

個別記事のみ

投稿ページ以外にもボタンを表示するかという設定です。個別記事=投稿ページです。デフォルトでは「yes」になっていますが「no」を選択する全てのページにWP Social Bookmarking Lightが表示されます。

024
ちなみに赤枠の部分が追加できるSNSになっています。ドラック&ドロップで表示したいSNSボタンを簡単設定できます。

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう2

024
次に言語設定になります。日本人向けのウェブページならこの設定は必ず必要になるので最初に設定しておきましょう。
024
Facebookの場合、「FB」タブを選択して、Localeに「ja_JP」と入力するだけでOKです。

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう3

024
Twitterの場合、Twitterタブを選択して、Languageのプルダウンメニューを日本語に設定しましょう。

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しよう4

これで初期設定は完了です。「変更を保存」ボタンを押して、作成している投稿・固定ページを見てみましょう。

WordPressプラグインを使ってSNSボタンを設置しようまとめ

ワードプレスプラグインを使用せずにソーシャルボタンを設置する事も出来ますが、簡単にできるものから難しいものまでいっぱいあります。
自分好みのデザインでボタンを作成するのもオリジナリティーがあっていい事ですが、時間もかかってしまったり、設置がうまくできなかったり、なんて人も多いと思います。

そんな時は「WP Social Bookmarking Light」を使用してSNSボタンを設置しましょう。数秒で設置できちゃいますからね(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。