WordPressプラグインを使って表をソートできるようにしよう

WordPressプラグインを使って表をソートできるようにしよう
WordPressプラグインを使って表をソートできるようにしよう

WordPressプラグインを使って表をソートできるようにしよう

WordPressプラグインを使って表をソートできるようにしよう
最終更新日:2018.08.27

WordPressプラグインを使って記事に表を入れてみようで紹介した「TablePress」では一般的な表の作成方法を紹介していきました。

ですが、比較表等の作成で数値を入力してユーザーに見せたい場合など、数値順に並べ替えができたりすればユーザーにとってはとても見やすい表になると思いませんか?

イメージで言うとエクセルのように並べ替えができるようにするということなんですが、普通のウェブページではソート機能を使おうと思うとかなり複雑な知識が必要なんですが、「TablePress」の「Data Tables」を使用してすれば簡単に表をソートする事ができます。

今回は「TablePress」の「Data Tables」の設定方法を紹介します。

表をソートするData Tablesの設定方法

024
管理メニューから「TablePress」を開き、新規作成するか作成済みのオプション設定を開きましょう。

WordPressプラグインを使って表をソートできるようにしよう2-1

024
オプション設定画面の下部の「Data Tables」→このテーブルで以下のDataTables JavaScriptライブラリ機能を使用するにチェックを入れましょう。
※デフォルトではチェックが入っている場合もあります。
チェックを入れると表の見出し部分に▲のマークが付き、クリックする事で数値をソートする事が可能になります。
数字    
200
300
400
500

WordPressプラグインを使って表をソートできるようにしようまとめ

表を動的なものにする事で閲覧しているユーザーも実際に触れる事ができ、ユーザーも見やすいページになる事は間違いないでしょう。
ページ内での滞在時間も増えSEOにも効果が見込めますね。

その他にはオプションで、表に検索機能を付けたり、ページネーションを付けたりといろいろなオプションがあるので試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。