WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう
WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう
最終更新日:2018.07.28

以前紹介したワードプレスの投稿機能を使えばページを簡単に作る事ができますが、投稿機能を使用して作成したウェブページには「カテゴリー」を設定する事ができます。

同じカテゴリーが付与されているウェブページを「アーカイブ」として一覧表示させたり、同カテゴリのみを取得し表示する事やその逆で一部のカテゴリーを除外し表示する事だってできちゃいます。

例えば飲食店なら「ランチメニュー」というカテゴリーを作成しておけば、アーカイブでランチメニューが付与されているウェブページだけを表示する事ができるといった感じです。

カテゴリーの作成・投稿ページへの設定方法

024
管理メニューの「投稿」→「カテゴリー」を選択してください。カテゴリーの管理画面が表示されます。

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう1

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう2

  • ① 任意のカテゴリー名を入力する事ができます。
  • ② ※カテゴリーのスラッグ名を入力する欄です。
  • ③ 親カテゴリーを選択する事ができ、任意のカテゴリーの子カテゴリーとして設定できます。
  • ④ カテゴリーが設定されている投稿ページの数が表示されています。
※スラッグ名はパーマリンクで設定しているとURLとして表示する事もできます

試しにカテゴリーを作ってみました。

024
カテゴリーを作成するとこんな感じになります。

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう4

024
ちなみにデフォルトで「未分類」というカテゴリーがありますが、こちらは削除できないのでそのままでOKです。
カテゴリーの作成が完了したら、管理メニュー「投稿」の新規追加を開いてみてください。
先程作成しているカテゴリーが表示されているはずです。

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこう3

「+新規カテゴリーを追加」でも新しいカテゴリーを追加する事はできますが、詳細設定は出来ないので、細かくカテゴリーを設定したい場合は管理メニューのカテゴリー管理画面から操作するようにしてください。

WordPressの投稿でページを作成する前にカテゴリーを登録していこうまとめ

カテゴリーの設定はウェブページを作成する前に設定しておいた方がよいです。投稿ページが増えてくると後々の変更も大変ですし、カテゴリーが増えてしまった場合の管理も大変です。

あなたがWordPressをウェブページを作成するにあたり、どういうカテゴリーが必要か、どのようにまとめたいかを整理してカテゴリーの作成をしてみてください。

注意しなければいけないのは、カテゴリースラッグをパーマリンクでURLに設定している場合、カテゴリー名・カテゴリースラッグを後々変更してしまうとURLも変わってしまうので気を付けてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。