今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは
最終更新日:2018.07.31

今更聞けないWordPressの特徴や魅力ってなに?まずは基本を知ろうでワードプレスの魅力をたくさん紹介してきました。
ワードプレスを無事インストールする事はできましたか?

ではさっそく投稿・固定ページを作っていきましょう!と言いたいところですが、実はWordPressをインストールして、運営を開始する前に設定しておかなければならない事がいくつかあります。

初期段階でしっかり設定しておかなければ、後々の設定変更ができなかったり、変更すると折角作成した投稿・固定ページが表示されない。なんて事もあるかもしれないので、導入後にしっかり設定を行っておきましょう。

キャッチフレーズを設定しよう

管理メニューの「設定」→「一般」を開きキャッチフレーズの設定をしておきましょう。

テーマによって違いますがこのキャッチフレーズはディスクリプションとして挿入されるので、検索エンジンで検索したユーザーにあなたのサイトはどのようなサイトかを知らせるためのものです。

あなたのウェブサイトがどういったものかを140文字程度にまとめて文章を作成しましょう。

024
このキャッチフレーズはワードプレステーマによっても違いがありますが、大体は見出しかディスクリプションとして設定されます。

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは1
今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは2

新規作成した投稿・固定ページを検索エンジンに知らせよう

あなたのウェブサイトがgoogleやyahooの検索エンジンにインデックスされ、検索結果として表示されるようになればアクセス増が見込めるはずです。

ワードプレスには検索エンジンに更新情報を通知する機能が備わっていて、更新情報を通知する事により、検索エンジンにいち早くインデックスしてもらうように設定しておきましょう。

024
管理メニューの「設定」→「投稿設定」を開き下記のURLをコピペして保存してください。
http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは3
今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは4

コメントの可不可を設定しておこう

WordPressはもともとブログ用のCMSプログラムなのでデフォルトの設定だとユーザーがコメントできる状態になっていて、閲覧しているユーザーからダイレクトに意見をもらえるのがメリットですが、もちろんデメリットもあります。
コメントスパムや荒らされてしまったり、管理しきれなくなってしまう可能性です。

またGoogleアドセンスなどの広告を掲載する場合、コメントに書かれた事が違反となりアカウントの停止に繋がる事もあり、管理が難しい場合はあなたのウェブサイトに見合わない場合はコメント機能を停止しておきましょう。

024
「設定」→「ディスカッション」で表示される上部のチェック3つを外せばコメントエリアは表示されません。

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは5
今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは6

※テーマによってはもともとコメントエリアがないものもあります。

不要な画像が生成されないように設定しよう

WordPressでは、画像をアップロードした時に、挿入する画像サイズを選べるようになっています。
画像の挿入時にサイズが変更されるのではなく、画像をアップロードした時に「元サイズ」「大」「中」「サムネイルのサイズ」と4枚の画像を自動生成しています。

デフォルトの状態のままWordPressを使用し続けていると画像のファイル数が多くなり、サーバーを圧迫することもありますので、WordPressを使い始める前に、画像が自動生成されないように設定しておきましょう。

024
管理メニューの「設定」→「メディア」で、サムネイルのサイズ・中サイズ・大サイズの数値を全て0にしておく事で不要な画像の生成を止める事ができます。

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは7
今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは8

途中で設定した場合、設定前の画像は4枚生成されたままになってしまうので注意が必要です。

URLの構造をSEOで有効なものに変更しよう

ワードプレスでのデフォルトのURLの出力設定は

https://3owebcreate.com/p=123

となっており、URLだけではどの様な記事なのかがさっぱりわかりません。

https://3owebcreate.com/wordpress-plugin

とURLが出力されるようにしておけば、この記事はワードプレスプラグインの記事なのだとわかりやすくなり、検索エンジンにも好まれるURLになるでしょう。
スラッグをURLとして出力するよう設定しておけば、SEO施策にも効果が見込めるでしょう。

024
管理メニュー「設定」→「パーマリンク設定」で投稿名にチェックを入れる事で設定したスラッグがURLに反映されます。

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは9
今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは10

このURLの設定は途中から変えてしまうとURLが変更されてしまい、SEOで効果が出始めた時にURLが変わってしまうとページの評価が下がってしまう事もあったりURLが変わる事でページが表示されない場合もあるので最初の段階で設定しておく事をおすすめします。

ウェブサイトが完成するまでサイトをインデックスしないようにする

まだ完成していないサイトが検索エンジンに読み取られ、インデックスされてしまうと閲覧したユーザーはよい印象を持たないはず。
個人ブログなら問題はないと思いますが、企業や店舗などはウェブサイトが完成するまでインデックスされないように設定しておきます。
完成後、解除するのを忘れないようにしましょう。

024
管理メニューの「設定」→「表示設定」で検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックを入れれば、検索エンジンからインデックスされなくなります。

今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは11
今更聞けないワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とは12

ワードプレスを導入したら最初にしておくべき設定とはまとめ

これでワードプレスでウェブサイトを運営していく準備が全て整いました。
さっそく投稿・固定ページでウェブページを作成していきましょう。

プラグインの導入は今更聞けないWordPressプラグインの簡単な導入方法こちらを参考にインストールしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。