今更聞けないWordPressを導入する準備・必要なこと

今更聞けないWordPressを導入する準備・必要なこと
今更聞けないWordPressを導入する準備・必要なこと

今更聞けないWordPressを導入する準備・必要なこと

今更聞けないWordPressを導入する準備・必要なこと
最終更新日:2018.07.28

以前紹介した記事今更聞けないWordPressの特徴や魅力ってなに?まずは基本を知ろうでWordPressがなぜいいのかを知ってもらえたと思います。

ワードプレスって便利なのはわかったけど…どうやって導入すればいいの?なんて思ったかもしれません。

今回はWordPressを導入する為の準備や必ず必要になる事を紹介していきます。

WordPress導入に必ず必要なもの

  • WordPressが導入可能なレンタルサーバー
  • 独自ドメイン

この二つが必ず必要になります。

1.レンタルサーバーを契約する

1-2.レンタルサーバーとは

レンタルサーバーとは名前通り「借りるサーバー」の事です。
サーバーを自分で構築し、運用・管理して行くことももちろん可能ですが手間やコスト等がかかってしまいます。
レンタルサーバーはサーバー自体は提供してくれる会社が管理・運営していますが、その一部をレンタルしドメインを運用する事ができます。
安価なレンタルサーバーも多く存在しているので年々利用者は増えています。

WordPressを導入するにあたりレンタルサーバーが必要になってくるのですが、実はどのレンタルサーバーでもいいわけではありません。
「MYSQL」が使用できないサーバーと契約してもWordPressを導入する事が出来ないので注意が必要になります。

1-3.おすすめレンタルサーバー

さくらインターネット(スタンダードプラン)
月額515円でレンタルが可能な定番になりつつあるレンタルサーバー。2週間のお試し期間もあるので、登録してみるのもあり。

Xserver(X10プラン)
初期費用3,000円、月々1,200円×3ヶ月でレンタルが可能なサーバー。さくらインターネットより少し高めだがWordPressを読み込む速度(PHPの処理速度)がかなり早い。閲覧しているユーザーに不快感を与えないレンタルサーバー。

他にもたくさんのレンタルサーバーが存在していますが、安さで言えばさくらインターネットのスタンダードプラン。少し高いがユーザビリティを考慮するのであればXserverのX10プランがオススメ。ちなみに今閲覧していただいているウェブサイトはXserverを利用しています。

※レンタルサーバーはWordPressが導入できるものであれば何でもいいので、上記で紹介していないレンタルサーバーでも問題ないです。

2.独自ドメインを契約する

2-1.ドメインとは

ドメインとは簡単に言えばインターネット上の住所の事。ドメインを取得していなければウェブページを表示する事ができないので注意。
レンタルサーバー契約時に契約できるものもあり、上記で紹介したレンタルサーバーならドメインも同時に契約する事ができます。
また「お名前.com」のように独自ドメインのみの取得が可能なサービスもあります。

3.WordPressを導入する手順の確認

3-1.レンタルサーバーとの契約

こちらはWordPressが導入可能なものを料金や、スペック等を元に選び用意してください。

3-2.ドメインの用意

あなたのウェブサイトの住所になります。レンタルサーバーの契約時に取得するか、独自ドメインの取得サービスを利用し用意してください。

今回紹介した二つを用意すればWordPress導入の準備は完了です。次回はレンタルサーバーとの契約・ドメインの取得方法を紹介していきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。