今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法

今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法
今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法

今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法

今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法
最終更新日:2018.10.30

WordPress導入後の管理画面の基本的な操作方法で、管理メニューを紹介しましたが、今回はその管理メニューの一つ、WordPressで最も使用する「投稿」機能について説明していきます。

投稿機能はテキストを打ち込むだけで簡単にウェブページを作成する事ができます。今更聞けないWordPressの特徴や魅力ってなに?まずは基本を知ろうで説明した通り

・文章の作成
・HTMLの作成
・画像の加工
・デザイン的要素
・ファイル転送ソフトの使用

が必要になりますが、WordPressの投稿機能を使う事で知識がなくても簡単に作成できます。

まずは管理メニューの「投稿」をクリックし、タブメニューを開いてみましょう。すると下記のように展開します。※クリックで画像ページが開きます。

今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法1

投稿一覧

今までに投稿機能を使って作成したウェブページの一覧を表示します。

新規追加

投稿機能を使って新しいウェブページを作成します。

カテゴリー

投稿機能を使い作成したウェブページに付与するカテゴリーの新規追加、変更、削除等、カテゴリーの管理が可能です。

タグ

カテゴリーと同じで、投稿で作成したウェブページに付与したタグを管理する機能です。

投稿機能を使ってウェブページを作成してみよう

024
管理メニューの「新規追加」を選択し、新規追加ページを開きましょう。

今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法2

①ウェブページのタイトルを入力する事ができます。

②メディアを追加を押すと、画像をアップロードしたり、過去にアップロードした画像を呼び出す事ができます。画像の名前やサイズを編集する事も出来ます。

③テキストを入力する事で、ウェブページに反映する事ができます。テキストだけではなく画像や動画を埋め込む事ができます。

④テキスト入力時に「ビジュアル」「テキスト」を選択する事ができます。

「ビジュアル」を選択してテキストを入力すれば、ウェブページを作成した時にどの様に見えるのか、リアルタイムでプレビューを見ながらテキストの入力が可能です。

「テキスト」を選択して入力をすれば、htmlタグやcssタグを使用してウェブページを作成する事ができます。

⑤全て入力し終えた後にこの「公開」ボタンを押す事でウェブページが作成され、ウェブ上に反映されます。

投稿ページその他の機能

今更聞けないWordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成する方法3

⑥新たなカテゴリーを追加したり、現在作成しているウェブページのカテゴリーを指定する事ができます。カテゴリー分けする事で同種・同ジャンルのウェブページを一覧表示したり、特定のカテゴリーだけを非表示にする事ができます。

⑦カテゴリーと同様に同種・同ジャンルのウェブページをグループ分けする事ができます。カテゴリーとは違い複数のジャンルをタグ設定でき、さらに細かくウェブページをジャンル分けする事ができます。タグもカテゴリーと同様で特定のタグ設定したものを一覧表示したりする事も可能です。

⑧メディアにアップロードされている画像をアイキャッチとして設定する事ができます。テーマによって変わりますが、設定したアイキャッチは投稿したウェブページの上部や、トップページの一覧表示されている箇所に表示されたりします。

WordPressの投稿機能を使ってウェブページを作成しよう、まとめ

投稿機能の基本的な使い方を紹介しました。①~⑧までを行い、公開ボタンを押せば簡単にウェブページを投稿する事ができ、あなたのウェブサイトを簡単に編集、更新する事ができます。
今までhtmlやcssに悩んでいたあなたの悩みはこれで少し解決したのではないでしょうか。
最後までお読みいただきありがとうございました。