今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう

今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう
今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう

今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう

今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう
最終更新日:2018.08.26

2、3枚の画像を見せたい時にはWordPressのメディア機能を使って画像アップロードしてみようの様に1枚づつウェブページに挿入していけばいいのですが、5枚、6枚など複数の画像をまとめて挿入したい時に活躍してくれるのが、たくさんの写真をシンプルに見せる事が出来る「ギャラリー」機能。

一度作成したギャラリーは再度挿入する事も出来るので、画像の見せ方を変えたい時に活躍してくれるメディア機能の一つです。

便利なメディア機能「ギャラリー」を作成しよう

024
ギャラリーの作成方法は、メディア機能の延長なのでとてもシンプルです。管理メニューから「投稿一覧」→「新規追加」を開き、「メディアを追加」を選択します。

今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう1

管理メニューのメディアから追加でもOK
024
メディア機能の「ギャラリーを作成」を選択し、ギャラリーにしたい画像を複数選択していきます。

今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう2

024
画像が正しく選択されていれば、サムネイルの右上にチェックマークが付くので、確認しながら選択してみてください。画像サイズの問題で見切れてしまっていますが、今回は8枚の画像ファイルを選択してみました。

今更聞けないWordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう3

024
ギャラリーにする画像が決まれば、右下の「ギャラリーを作成」をクリックするとギャラリーの設定画面が表示されます。
①ここにテキストを入力する事で選択した画像のキャプションを設定できます。
②ドラッグ&ドロップで順番を入れ替える事ができます。
③現在の表示順を逆にする事ができます。

ギャラリーの設定

リンク先

添付ファイルのページ 画像用のサブページを表示します。
メディアファイル 画像URLでページが開きます。
なし 何も付与しません。

カラム

カラム数を変える事で表示カラムが変更されます。

ランダム

チェックマークを付けるとランダム表示されます。

サイズ

メディア機能と同じで表示させるサイズを選ぶ事ができます。

設定が終われば「ギャラリーを挿入」をクリックしましょう。

ビジュアルエディタの場合だと、ギャラリーのサムネイルが表示され、テキストエディタの場合はショートコードが挿入されます。

これでギャラリーは完成です。

WordPressのメディア機能ギャラリーを使ってみよう、まとめ

画像の挿入はウェブサイトの印象を大きく変えてくれ、画像があれば閲覧ユーザーもとても見やすいウェブサイトになるのではないでしょうか。

HTMLタグやCSSを駆使してウェブサイトのデザイン・印象を変更する事はとても時間がかかりますが、WordPressのギャラリー機能を使用するだけで簡単に印象を変える事ができちゃいますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。