ワードプレスがメンテナンスモードから戻らない場合の対処方法

ワードプレスがメンテナンスモードから戻らない場合の対処方法
ワードプレスがメンテナンスモードから戻らない場合の対処方法

ワードプレスがメンテナンスモードから戻らない場合の対処方法

ワードプレスがメンテナンスモードから戻らない場合の対処方法
最終更新日:2018.08.07

ワードプレスを利用していて、テーマやプラグインを利用している場合にアップデートが通知される事が多々あると思います。

普段何気なく行っているアップデートですが、アップデート中はワードプレスを導入しているウェブサイトは「メンテナンスモード」になっており、ウェブサイトを見る事ができない状態になっているのは知っていましたか?

本来アップデートは数秒で終わる為あまり見る機会がないとは思いますが、アップデート中にウェブサイトを閲覧すると「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません。」と表示されているんです。

WordPressのアップデートが無事完了すると、自動的にメンテナンスモードが解除され、従来通りウェブページの閲覧が可能になります。

しかし、稀にテーマやプラグインのアップデートに失敗してしまい、メンテナンスモードに移行したままの状態になりウェブページの閲覧が不可能になってしまい、管理画面にもログインできない状態になってしまう事があります。

主な原因は

・テーマやプラグインアップデート中に管理画面の操作を行い、アップデートが正常に終了していない。
・テーマやプラグインのバージョンとワードプレス本体の互換性がない。

等です。

024
今回は正常にアップデートが行われず、メンテナンスモードが解除されない場合の解除方法を紹介していきたいと思います。

メンテナンスモードを解除する方法①

直前に行ったテーマやプラグインの再アップデートを行う。

正常にアップデートを終了する事が出来れば、メンテナンスモードは解除され従来通りの表示に戻ります。

①でメンテナンスモードが解除されなかった場合

メンテナンスファイルの削除を行います。

①の方法で解除できなかった場合はFTPクライアントを使用して「.maintenance」ファイルを削除しなければなりません。

使用しているサーバーにアクセス
FTPクライアントで不可視ファイルを表示させる
ワードプレスをインストールした場所の直下にある「.maintenance」を削除

上記の手順で「.maintenance」を削除すれば強制的にメンテナンスモードの解除が可能ですが、正常にアップデートできなかったテーマやプラグインは今後使用しない方がいいかと。

ログインもできず、「.maintenance」も見当たらない場合

大事なウェブサイトが表示されず管理画面にもログインできない場合、かなり焦ってしまいますが落ち着いて対処しましょう。
以外に簡単に解決できます。

FTPクライアントを使用してサーバーにアクセスし、wp-content/pluginsにあるアップデートに失敗したファイルを丸ごと削除するだけです。
問題が発生したファイルを取り除く事が出来ればワードプレスも正常な状態に戻り、ページの表示も、ログイン画面へのアクセスもできるはずです。

ワードプレスがメンテナンスモードから戻らない場合の対処方法まとめ

兎に角ファイルを消せばメンテナンスモードは解除されるので、焦らず落ち着いて対処してみてください。

あとは、ウェブページが表示されなくなった/管理画面にログインできない問題が起こった場合、直前に行った作業はなんだったのか思い出してみてください。
そうすれば解決方法が見えてくるはずです。

基本的にページが表示されない場合や、管理画面に問題があった場合は導入しているプラグインが悪さをしているのでプラグインの削除が出来れば大丈夫だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。