使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法
使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法
最終更新日:2018.08.14

WordPressにはたくさんの便利なプラグインがあり、ウェブサイトをカスタマイズしたり、いろいろな機能を試してみたりするときなど、プラグインをインストールする機会というのは増えてくると思います。

利用する人が多いプラグインなどは頻繁に更新され、ワードプレスのバージョンアップにも対応してくれますが、便利な機能が故、プラグインの機能自体がワードプレスのデフォルトの機能として採用されたり、外部サイトと連携するプラグインなどは、連携する外部サイトが無くなってしまったり、など、、その場合などはプラグインをインストールする必要がなくなり、作成者や開発元が更新をストップしてしまう事もあります。

そんな時、ワードプレスのバージョンに対応していないプラグインがインストールされたままになっていたりすると、ワードプレスのアップデートを行った際に「ページが表示されない」「管理画面にアクセスできない」などの現象が起こってしまう場合があります。

修復するには、ある程度の知識が必要だったりするのでできるだけ避けたいトラブルだと思います。

プラグインのトラブルを防ぐためにしておきたいこと

まず第一に現在のワードプレスのバージョンに対応していないプラグインはどれだけ便利でも出来るだけ使用しない。です。
トラブルが起こりそうなプラグインは出来るだけ避けましょう。

確認する方法としては、プラグインをインストールする際に赤枠の部分を確認してください。

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法2

更新は1年前ですし、今のバージョンでのテストもされていない状態になっています。
このままインストールしても動作するかもしれませんが、ワードプレスに影響が出てしまうかもわかりません。

024
こういったプラグインはインストールしないようにしましょう。
024
またどうしても必要なプラグインが、テストされていない場合で、どうしてもインストールしたい場合はローカルでワードプレスを動かせるソフトを使用しテストするのもありかもしれません。

使用しないプラグインは停止ではなく削除しよう

使用しないプラグインは「停止」でも問題ないですが、忘れてそのままになってしまう事もありますので、使用しないのであれば「削除」しましょう。

024
管理メニューの「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を選択してインストール済みのプラグイン一覧を開いてください。

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法1

024
プラグインは停止しなければ削除できないので、停止→削除の順に削除してください。

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法3

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法4

使用していないプラグインをそのままにすると危険!?停止&削除方法まとめ

「ワードプレスが表示されなくなった」「管理画面が表示されない」などのトラブルのほとんどはプラグインが原因となって発生しています。

管理画面に入る事ができるのであれば、全てのプラグインを停止するか削除するかで修復は可能ですが、管理画面に入る事が出来ない場合のトラブルはFTPソフトを使用したり、データベースの中を触ったりする事で修復可能ですが
やはりそれなりの知識を必要としてしまいますし、必要なファイルを消してしまうかもしれません。

プラグインはとても便利で、サイトをカスタマイズするのにも必要ですが、インストールする場合は最新の注意を払ってください。

プラグインの導入方法はWordPressプラグインの簡単な導入方法こちらを参考にどうぞ。

最後までお読みいただきありがとうございました。