WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成

WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成
WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成

WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成

WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成
最終更新日:2018.08.07

WordPressはデータベースを利用してページやデータを表示させたりしています。

データベースを使用してウェブサイトの表示を行っているものに関してはデータベースから直接バックアップを取る方法が一番確実ですが、今までデータベースを触った事がない人からすると結構難しいです。

しかも操作ミスなどでファイルを書き換えてしまったりするとWordPressが表示されなくなってしまったり。。。もちろんバックアップを取っていなければ元には戻せない…なんてこともあります。

しかしWordPressにはデフォルトの機能として「エクスポート」機能が備わっていて、この機能を使えばデータベースに直接アクセスせず、WordPressの管理メニューから簡単にバックアップを取る事が出来る優れもの。

数クリックだけで簡単にデータベースのバックアップを取る事が出来るのでさくっとやってみましょう。

エクスポート機能を使って簡単バックアップ

024
管理メニューの「ツール」→「エクスポート」をクリックするとエクスポートの管理画面が開きます。

WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成1

024
この管理画面では「すべてのコンテンツ」「投稿」「固定ページ」「メディア」の4種類の選択が可能です。

WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成2

すべてのコンテンツ

その名のとおり、すべてのコンテンツのバックアップをエクスポートします。

投稿

投稿機能を使用して作成したウェブページのバックアップをエクスポートします。

固定ページ

固定ページ機能を使用して作成したウェブページのバックアップをエクスポートします。

メディア

メディア機能でアップロードしている画像・音声ファイル・動画ファイルのバックアップをエクスポートします。

エクスポートしたいコンテンツを選択して「エクスポートファイルのダウンロード」を選択しましょう。

すると「XML」ファイルが作成されます。これがバックアップになり、インポート機能を使用して「XML」ファイルをインポートする事でデータベースの復元が可能になります。

WordPressのエクスポート機能を使って簡単バックアップを作成まとめ

たったの数クリックで簡単にWordPressのバックアップを作成する事ができました。

頻繁にエクスポート機能を使うような事はないですが、コツコツ作成したウェブページが消えてしまうのはショックすぎるので大規模な変更を行う前に、必ずエクスポート機能を使ってバックアップの作成しておくと何かあったときでも安心ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。