WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化
WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化
最終更新日:2018.08.10

ウェブページにとって画像はとっても重要で、ページの見栄えや印象を左右するものです。画像を普段に使用したウェブページは賑やかでいいものですが弊害ももちろんあります。
ページの読み込みが極端に遅くなり「ユーザーの離脱」「SEO評価の低下」に繋がってしまうのです。

しかし、そんな時に役に立ってくれるのが【最新版】WordPressを使うなら導入しておきたいプラグイン5選で紹介したWordPressプラグインの一つである「EWWW Image Optimizer」です。

この「EWWW Image Optimizer」はアップロードした画像を自動的に圧縮し、最大で20%もファイルを圧縮してくれるんです。

また、画像ファイルのメタデータを同時に削除する事もできるので、位置情報などのプライバシーにかかわる情報も消す事ができちゃいます。

今回は「EWWW Image Optimizer」の設定手順を紹介していきたいと思います。

事前に今更聞けないWordPressプラグインの簡単な導入方法を参考に「EWWW Image Optimizer」のインストール&有効化を済ませておいてください。

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化1

EWWW Image Optimizerの設定方法

インストール&有効化ができれば、管理メニューにの「設定」に「EWWW Image Optimizer」が表示されます。クリックして管理画面を開きましょう。管理画面は英語になっているので重要な部分だけ説明していきます。

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化2

024
メタデータの自動削除の設定は「This will remove ALL metadata: EXIF and comments.」にチェックマークを付ければOKです。

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化3

024
続いて画像ファイルの形式の変換を無効にします。「Conversion Settings」タブを選択

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化4

024
①「Site or Network~」にチェックマークを付けてください。

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化5

024
②「Save Changes」を押すと設定が保存されます。
これで画像ファイルの圧縮設定は完了です。

WordPressプラグインを使って画像ファイルの軽量化&高速化まとめ

「EWWW Image Optimizer」の設定画面は英語なので難しそう!と感じてしまうかもしれませんが、ほんの数クリックで画像ファイルの圧縮が出来るので是非挑戦してみてください。

画像ファイルの圧縮ができれば多少の読み込み速度の改善はできると思いますし、閲覧しているユーザーにとっても喜ばしい事です。

最後までお読みいただきありがとうございました。