【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう

【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう
【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう

【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう

【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう
最終更新日:2018.11.13

WordPressで使用する独自ドメインをサーバーに設定していこうを参考にドメインの設定が完了すれば、設定したドメインをブラウザに入力し、独自ドメインが有効になっているか確かめてみましょう。

正しく独自ドメインを設定する事が出来ていれば下記のような表示になります。

WordPressで使用する独自ドメインをサーバーに設定していこう7

独自ドメインをブラウザに入力し、上記の状態が表示されたら次はいよいよWordPressの導入に移りましょう。

WordPressの導入には、FTPソフトを使用してレンタルサーバーにアクセスし、レンタルサーバー内にWordPressを直接インストールする方法と、レンタルサーバーの管理画面から自動インストール(簡単インストール等)する方法がある。

FTPソフトを使用しWordPressをインストールする方法はFTPをソフトそ使用した事が無い人には少しレベルが高いので、今回はレンタルサーバーの管理画面から自動インストールする方法を紹介していきます。

エックスサーバーの自動インストールでWordPressを導入する

本来WordPressをインストールする時に必要な事は

①データベースの作成
②WordPressプログラムのダウンロード&FTPソフトを使用しプログラムをアップロード
③WordPressの初期設定

こちらが必要になりますが、エックスサーバー/の自動インストールを使用する事により、全てエックスサーバー/側が自動で処理してくれ、FTPソフトを使用した面倒なアップロードする必要はなくなります。

【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう

024
エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、左下にある「自動インストール」をクリック

【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう1

024
「自動インストール」を選択後、タブメニューの「プログラムのインストール」を選択し、空欄になっている設定情報を入力してください。

インストールURL

その名の通りWordPressの導入後のURLに関係してきます。基本的にはどの階層にWordPressを導入するか、という事ですが基本はそのままでOKです。

ブログ名

ブログ名を入力します。こちらはWordPress導入後に管理画面から変更できるので、とりあえずでも大丈夫です。ウェブサイトの名前が決まっているのであれば入力してください。

ユーザー名/パスワード

WordPressの管理画面にログインする際に使用するログインIDとパスワードになります。こちらは変更する事はできませんが、WordPressの管理画面で新しいユーザーを作成すれば実質変更する事は可能です。

メールアドレス

WordPress導入ウェブサイトの通知用メールアドレスの設定です。閲覧ユーザーからのコメントや問い合わせ、パスワードを忘れてしまった場合の確認用だったりと重要なものになります。間違えないように設定しましょう。
こちらも後からの変更は可能です。

データベース

表示されている通り、データベースを自動生成するか、事前に作成してるデータベースを使用するかの選択です。
「自動でデータベースを生成する」場合ランダムでデータベース名、パスワードが生成されます。
「作成済みのデータベースを利用する」場合は任意でデータベース名、パスワードを決める事が出来ます。違いはこのぐらいなのでどちらでも構いません。

024
全ての設定の入力が終わればインストールボタンを押しましょう。確認画面が表示され、WordPressの導入が自動で進行します。

【Xserver編】自動インストールでWordPressを導入してみよう2

WordPressのインストールが完了すると、

・ログインURL
・ID/PASSWORD
・MySQLデータベース名
・MySQLユーザ名
・MySQL接続パスワード

上記が表示されるので必ずメモしておいてください。
インストールが完了したら、URLをブラウザに入力にしてみてください。ウェブページが正しく表示されていればWordPressのインストールは無事完了です。お疲れ様でした。

自動インストールでWordPressを導入してみようまとめ

今回は以前紹介したエックスサーバーで、WordPressの「自動インストール」を行ってみました。レンタルサーバーによってインストールの方法は少し異なりますが、WordPressの自動インストール手順はほぼ同じなので、別のレンタルサーバーをお持ちの方でも簡単にWordPressをインストールする事は出来ると思います。

機会があれば、FTPソフトを使った手動でWordPressをインストールする方法も紹介したいと思います。
次回は、WordPressの管理画面の使い方・見方を紹介します。