【SEO】サーチコンソールを上手く活用してWEBサイトを解析する方法

【SEO】サーチコンソールを上手く活用してWEBサイトを解析する方法

【SEO】サーチコンソールを上手く活用してWEBサイトを解析する方法

【SEO】サーチコンソールを上手く活用してWEBサイトを解析する方法
最終更新日:2019.04.10

サーチコンソールを使い始めるために登録方法の手順を紹介してきましたが、今回紹介するのはサーチコンソールの使い方です。

せっかくサーチコンソールを使用する準備ができたのに使い方がわからずに、まあ今度でいいかと後回しにしていませんか?

以前書いた記事で何度もお伝えしていますが、SEO対策を行ううえでウェブサイトの状況や、今後の改善方法などを知るためにはサーチコンソールを利用するのは必須でしょう。

このページを参考にサーチコンソールの使い方を覚えてみてください。それでは今回はサーチコンソールの基本的な使い方を画像と共に紹介していきたいと思います。

searchconsoleとは何か、何ができるのかは【SEO対策】今更聞けないサーチコンソールとは?登録編を参考にしてみてください。

サーチコンソールで見るとこ

検索パフォーマンス

サーチコンソールの検索パフォーマンスでは、検索エンジンからクリックされてアクセスがあった指数をみる事ができるもの。
見やすいグラフとして表示されるので、SEO効果が出てきたのかが一目でわかります。

クエリ

検索パフォーマンスでクエリタブを開くと検索キーワードという項目があります。

ここではどういうキーワードでクリックされているのか、また何回表示されたのかを確認することができるので、あなたのサイトがどのような状態になっているのかを見る事ができます。

ページ

こちらはクエリとは違い、ページURLが表示され、URLに対してのクリック数や検索回数を見る事ができます。

デバイス

基本的にはPC、モバイル、タブレットとなっています。見方は、クエリ・ページと同じで、端末での検索、クリックなどを見る事ができます。
例えばPCが多いのであれば、PCブラウザでのユーザビリティを向上させたりといった考え方ができるでしょう。

ここの赤枠の「+」ボタンを押して条件をさらに付ける事でより細かな情報を出力する事が可能になっています。
【SEO】サーチコンソールを上手く活用してWEBサイトを解析する方法

URL検査

旧管理画面での「Fetch as Google」と同じでインデックス登録の申請などが行えます。
URL検査をクリックして、検索窓にインデックス登録を行いたいURLを入力してみましょう。

【SEO】サーチコンソールを上手く活用してWEBサイトを解析する方法

インデックス

こちらはSEO対策で意識する4つの重要ポイントとはの記事で紹介していますが、検索エンジンに作成したページが掲載されていることを指すワードです。

サーチコンソールでインデックスのガバレッジを開くとわかりますが、登録したウェブサイトが何ページ検索エンジンにインデックスされたかをグラフで表示してくれています。

またエラーが発生しているページや、警告があるページなども同時に表示されるので、エラーなどが出ている場合は早急に対処するようにしましょう。

ガバレッジ

インデックス登録に関する情報を表示してくれるページになります。

インデックス登録に問題があるページを知らせてくれるのはもちろんの事、なぜ登録できないのか。どうしてエラーが出ているのか、除外されているのはなぜなのか等を各項毎に確認する事ができます。

通常のアクセス解析等ではわからない情報を確認する事ができるので、エラー等が通知された場合はすぐに対処しておきましょう。

放置してしまうと検索順位やサイト全体の質の低下につながってしまうので頻繁に確認しておいた方がいいかもしれません。

サイトマップ

ここではサイトマップの登録、サイトマップがどういった状況になっているのかを確認する事ができます。サイトマップによる送信数、最終閲覧日などが確認できます。

サイトマップはSEO対策に必須です。
URLを入力するだけで簡単に登録できるので、登録がまだでしたらこのサイトマップから登録しておきましょう。

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティとは、モバイルユーザにとって使い勝手がよいかどうかを確認です。
例えば文字が小さすぎると、エラーとして表示され、すぐに修正してくださいというように表示されます。

修正が完了すれば「修正検証」ボタンを押すことでGoogle側で検証を行ってくれるのでこちらもガバレッジと同じで頻繁に確認しておくようにしましょう。

リンク

外部リンク、内部リンクの確認が行えます。

内部リンクも大切なのですが、外部リンクを確認して今後のSEO対策に役立てていきましょう。
よくリンクされている外部リンクの順位を見る事もできるので、外部リンクの状況が一発で把握できますね。

外部リンクをエクスポート可能なので、どのようなURLにリンクされているか細かくチェックして意図しない外部リンクなどは必ず確認するようにしておきましょう。

【SEO】サーチコンソールを上手く活用してWEBサイトを解析する方法まとめ

今回はサーチコンソールを使用して解析するための基本的な使い方と機能の説明を紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

SEO対策を考えているのであれば、サーチコンソールはとても重要で、あなたのWebサイトがどういう状況かを把握するのには必ず必要になってきます。

ある程度の機能を覚えていれば、自然にsearchconsoleを使いこなせるようになるでしょう。

最初は難しいかもしれませんが、なんとなーくでいいのでまずは触ってみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。