今更聞けないSEO対策におけるペナルティとは?

今更聞けないSEO対策におけるペナルティとは?
今更聞けないSEO対策におけるペナルティとは?

今更聞けないSEO対策におけるペナルティとは?

今更聞けないSEO対策におけるペナルティとは?
最終更新日:2018.11.22

ペナルティという言葉通り「罰」というものを指し、ペナルティを受けたWEBサイトはインデックスされなくなってしまったり、検索順位を下げられたりといった事が待っています。

以前に記事にしている、SEO対策で意識する4つの重要ポイントとはでもペナルティに関して少し触れていますが、今回はそSEO対策におけるペナルティとはどういったものなのか、何をしてはいけないのかを詳しく掘り下げていきたいと思います。

ペナルティを受ける基準とは

まず最初にペナルティを受けてしまう基準を紹介していきます。

ペナルティはGoogleのガイドラインに違反しているWEBページに対して適応されます。

ペナルティを受ける行為

被リンクの自作行為

ドメインを大量購入してサイトを作成し上位化を狙いたいWEBサイトとリンクさせる行為が例になることが多いです。現在のSEO対策では被リンクが多くてもそれほど評価基準としては高くないのでリスクしかありません。

被リンクの購入

被リンクの自作行為と似たようなもので、お金を払い他社が作成したページとリンクさせるという行為です。こちらも被リンクの数は評価基準としては高くない為、現在ではあまり意味をなしません。

自動でのページ生成

WEBツール等を使用して自動で大量のページを作成し、ページボリュームが多いように見せかける為に行う人が多い手法。現在では内容が薄いページを大量作成してもSEO的には意味はありません。

他WEBページのコピー

自動でのページ生成に似ていて、他社が作成したページをコピー&ペーストでページを作成する行為です。コピーコンテンツになりますので、ペナルティを受けてしまう可能性は非常に高いです。

文字を背景色と同化させ隠す行為

隠しテキスト、隠しリンクと言われています。このような行為は検索順位を操作する為に意図的に行っている、ユーザーには見せたくないものと判断されペナルティを受けてしまう可能性があります。
隠したい事をWEB上に掲載するのは違和感ですよね。

キーワードを大量に入れ込む

過剰にキーワードを入れ込む行為は、ツールを使ったり、自動生成しているのではないかと判断される可能性がありペナルティを受けてしまうかもしれません。

成り立たない文章でのページ構成

成り立たない文章でのページ構成とは、こちらもツール、自動生成している行為と判断される事が多いです。

クローラーと実際に出力されるページが別

ユーザーが見ているページと検索エンジンに知らせるページを別で出力していう行為になります。こちらも検索順位を操作する為に意図的に行っていると判断され、ペナルティを受ける可能性があります。

以上の行為がGoogleが定めたガイドラインに違反している行為となります。

ペナルティを受けるとどうなるのか

ひとつ前の項目では、ペナルティを受けてしまう行為を紹介しました。

次に、ペナルティを受けるとどうなるのかです。

軽度のペナルティの段階では、検索順位を下げられてしまいます。折角上がってきていた順位や評価も、違反行為を行う事で順位をさげられ、違反行為を修正しない事には検索順位が上がることはありません。

また重度のペナルティを受けてしまうと、検索結果に表示されなくなってしまいます。

検索エンジンで検索を行ってもWEBページが表示されなくなってしまうので直接のURLを知っている人しかアクセスができなくなってしまいます。

こうなってしまうと検索エンジンからの流入がなくなってしまうのでWEBページとしては絶望でき、というか終わりですね。

こちらも違反行為を修正しなければインデックスされない状態は続いてしまいます。

またgoogleはガイドライン違反を手動で行っているとされており、プログラムが判断しているわけではないのでペナルティを受けてしまった場合は相当な違反行為と判断されているでしょう。

今更聞けないSEO対策におけるペナルティとは?まとめ

Googleは検索結果をより良いものにする為に、厳しく違反行為をチェックしています。

しっかりと丁寧なコンテンツを作成していればペナルティを受ける事はありませんので、楽しようとぜず、しっかりとした情報でWEBページの作成をし、ペナルティを受けない為にはGoogleのガイドラインをしっかり守る、ペナルティを受ける行為で上げた違反行為は絶対に行わないでおきましょう。