今更聞けないSEOにおけるメタディスクリプションの重要性とは?

今更聞けないSEOにおけるメタディスクリプションの重要性とは?

今更聞けないSEOにおけるメタディスクリプションの重要性とは?

今更聞けないSEOにおけるメタディスクリプションの重要性とは?
最終更新日:2019.04.22

あなたはmeta descriptionをしっかり設定していますか?

HTMLの知識があり、Webサイトを構築する事ができる人なら知っているかもしれませんが、これからSEO対策を考えているあなたや、HTMLの知識がない人はあまり聞かないかもしれません。

しかし、SEO対策にはとても大切なHTMLタグとなっています。
メタディスクリプションは検索結果にも表示されているので、クリック数を増やしたい。滞在時間を延ばしたいなど、SEO対策には重要です。

「う~ん、なんとなく…」という事でしたらこれを機会にしっかりと理解し、設定を行ってください。

今回はメタディスクリプションの設定や、役割などを紹介していきたいと思います。

メタディスクリプションとは

meta descriptionとはWEBページの情報を伝えるために必要な要素です。

設定したテキストは検索結果にも表示されるため、テーマキーワードを入れることももちろんですがクリックしたくなるようなキーワードを考えて入力するようにしましょう。
※テーマキーワードとはSEOを考えるならHTMLタグは正しく使用するべき?を参考にどうぞ。

メタディスクリプションが設定されているとソース上ではこの様になっているはずです。

今更聞けないSEOにおけるメタディスクリプションの重要性とは?

ディスクリプションは検索エンジン上で下記のように表示されます。

今更聞けないSEOにおけるメタディスクリプションの重要性とは?

赤枠の部分が設定したディスクリプション120字になっていますが、設定していなかったりするとページの上のテキストから抜粋されたり、サイトの構成によっては空欄になってしまうので注意が必要です。

メタディスクリプションはどういったページなのかを伝えるために必要なものになりますので、設定を行っていないとクリック数は増えませんし、ページへのアクセスがあったとしても求めている情報と違うと勘違いされてしまうとりだつにもつながってしまいますので注意が必要です。

メタディスクリプションには何を書く?

それはではメタディスクリプションには何を書けばいいのでしょうか。

メタディスクリプションにはWEBページの説明を書くことが一番です。

先程載せている検索結果のキャプチャをみても分かる通り、設定したメタディスクリプションは検索結果として表示されます。
もちろんキーワードが含まれていれば黒い太文字になって表示されるので有効的に使用しましょう。

入力できる文字数に関しては120文字とされていますが、余裕をみて100文字前後を目安として入力しましょう。

書き方としては情報を求めている人に訴えかけるように、「あ、このサイトには自分が求めている情報が載ってそうだな」と思ってもらえるように、SEOを考えるならHTMLタグは正しく使用するべき?の記事で紹介したようにテーマに沿った文章を入れ込みましょう。

またタイトルを決める時と同じで、テーマキーワードは先頭に、不自然な文章にならないよう気を付けながらメタディスクリプションを設定しましょう。

今更聞けないSEOにおけるメタディスクリプションの重要性とは?まとめ

・入力文字数は大体100文字前後で考える
・タイトルと同じでテーマキーワードは最初に
・サイトに情報がある事をしっかりアピール

まとめると上記のような感じです。
ページがたくさんあるWebサイトの場合はページ毎にメタディスクリプションの設定は必ず必要ですし、WebサイトTOPにはTOPの個別meta descriptionも必要です。

考えるのがちょっと面倒だな…なんて感じるかもしれませんが、SEOを考慮するのであれば必ず必要な要素となりますので、しっかり考えて設定していきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。