SEO対策を始める前にやるべきこと。キーワード選び編

SEO対策を始める前にやるべきこと。キーワード選び編

SEO対策を始める前にやるべきこと。キーワード選び編

SEO対策を始める前にやるべきこと。キーワード選び編
最終更新日:2018.12.12

SEO対策を行うためにキーワードをしっかりと選ぶ必要があります。

趣味でブログやWEBサイトを運営している場合にキーワードを選ぶ必要はありませんが、WEBページで何かを販売したり、アフィリエイト目的で運営していくのであればキーワード選びをしっかりとしていなければ、収益化は難しいでしょう。

理由はSEO対策を始める前にやるべきこと。ペルソナ編を参考にしてみてください。

どのようなキーワードでSEO対策を行うかを決めておく事で効率的に検索エンジンでの評価を上げる事ができるので、これからSEO対策を行おうと考えているあなたは、このページを参考にキーワードを選んでみましょう。

検索キーワード

検索キーワード(検索クエリ)は大きく分けて二つに分類され、ビックキーワードとスモールキーワードと言います。

ビックキーワード

ビックキーワードとは検索回数が多いキーワードと考えてください。例えば「転職」「求人」などの検索回数はとても多く、こういったビックキーワードで上位化ができれば、WEBページへのアクセスは膨大なものになるでしょう。しかし、こういったビックキーワードは誰もが上位化させたいキーワードになっているので検索エンジンで上位化させる難易度はかなり高くなります。

スモールキーワード

スモールキーワードとは検索回数が少ないキーワードです。例えば「地名 焼き鳥屋」等といった感じで、複数のキーワードを入力するパターンです。地域ワードなどで検索される場合は、ユーザーの購買力が高い場合が多く、商品の購入やお店への来店へとつながりやすいパターンになっています。

キーワード選びの注意点

キーワード選びで間違えてしまいがちなのが、ビックキーワードの方がアクセスが増えるからビックキーワードで対策しよう、と考えてしまう人。

確かにビックキーワードで上位化ができれば膨大なアクセスを見込めますが、アクセスをお金につなげたいパターンの場合はあまりいい傾向にありません。

スモールキーワードで説明していますが、複数のキーワードを入力したユーザーの方が購買率が高く、何を買おうか、どこで何をしようかなど決まっているパターンが多いです。

ビックキーワードの場合は目的は決まっていないがどういうものがあるのか等、行動する前に相場を調べたりするパターンなどがあり、一概にビックキーワードの方がいいわけではありません。

しかし、ビックキーワードで上位化できればアクセスは見込めるので無視はできません。

ロングテール

SEO対策を考えている人は目にした事もあるかと思いますがロングテールという手法があります。

スモールキーワードを利用してビックワードの対策が可能です。

スモールキーワードで対策を行うので一つ一つのキーワードボリュームは少ないですが、それぞれのキーワードで対策を行う事でビックワードの上位化も狙う事ができます。

このページでいえば「SEO」「対策」「キーワード」といった感じで、SEOというビックキーワードを狙いつつも、対策、キーワードというキーワードを組み合わせたロングテールを行っています。

ビックキーワードだけを狙うのではなく、ロングテールを意識してSEO対策を行う事で、検索エンジンの評価を上げるための効率化を図っています。

キーワード選びのポイント

SEO対策を行うにはロングテールがいいのですが、基本的にはスモールキーワードで対策を行うのが安牌です。

スモールキーワードだとライバルが少ない可能性が高く、上位化までの道のりが短縮される場合も多く、また購買力が高いユーザーが多い傾向にあるので、積極的にスモールキーワードで対策を行いましょう。

顧客になりやすいユーザーが選ぶ言葉を意識する事によって少ないアクセスであっても利益がでる可能性が高くなります。

WEBページで収益化を行いたいなら、先にキーワードを選んで対策を考えましょう。

SEO対策を始める前にやるべきこと。キーワード選び編まとめ

今回はキーワードを選ぶ際の知識と注意点を紹介してみました。

・キーワードを選ぶときにはスモールキーワードから選ぶと良い
・ロングテールを用い、ビックキーワードとスモールキーワード両方対策を行う

といった感じでしょうか。

またキーワード選びにはSEO対策を始める前にやるべきこと。ペルソナ編も参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。