「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう

「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう
「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう

「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう

「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう
最終更新日:2018.09.27

自分で作った3Dモデルをアバターにしてお出かけ先で表示させたくないですか?

なこ
めちゃしたい!!!

今回はVTuberさんにも役立ちそうなARアプリを紹介します。

前回前々回と「VRoid Studio」で作ってきた3Dモデルを「VPocket」を使ってスマフォでAR体験してみましょう。

この記事では書き出しから表示まで説明していきます♪

「VPocket」とは?

スマフォで自分の作った3Dモデルを持ち運びできます。
AR写真を撮ったり360度回転させて眺めたり、ポーズをとってもらったりできるアプリです。
VRMファイルが対象になります。

以下主な機能をダウンロードページより抜粋させていただきました。

「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう
  • 表情編集
    3Dモデルの表情を変更することができます。
  • 視線編集
    3Dモデルの視線の向きを変更することができます。
  • 指編集
    3Dモデルの左右の手指姿勢を変更できます。
  • モデル変更
    示する3Dモデルを変更することができます。
    VPocketフォルダに保存してあるVRMファイルから選択できます。
    内部ストレージ内のVPocketフォルダにVRMファイルを追加することでモデルを増やすことができます。
  • 背景変更
    背景を変更することができます。
    カメラを使用したARモードも利用できます。
  • メニューを隠す
    画面上のメニューを隠すことができます。
    画面をタップすることも同様に行います。

引用:VPocket

「VRoid Studio」から書き出し(エクスポート)

まず「VRoid Studio」から書き出し(エクスポート)をしてみましょう。
今回はこの子を書き出してみます。

「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう

  • 【ファイル】→エクスポートを選択
    「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう
  • アバター情報を入力するPOPUPが表示されるので必要な情報を入力して【エクスポート】ボタンをおします
  • 今はvrmでしか出力できません。名前をつけて【Save】ボタンをおします。
    「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう
無事エクスポートが完了しました!

下準備!VRMファイルをスマートフォンに移動

iPhoneの場合

iTunesを開いてください
「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう
自分の①iPhone>ファイル共有を選択します。
App内に②「VPocket」があるのでクリック!
③VPocketの書類内に表示したいVRMファイルをドラッグしてください。

Android端末の場合

VRMファイルをスマートフォンに移動させるには2つの方法があります。
すこしややこしいです〜

方法 1: Google アカウントを使ってファイルを移動する

Google アカウントにアップロードしたファイルは、パソコンと Android 搭載端末の両方で使用できます。

方法 2: USB ケーブルを使ってファイルを移動する

Windows の場合

  • Android 搭載端末のロックを解除します。
  • USB ケーブルを使って、端末をパソコンに接続します。
  • 端末で [この端末を USB で充電中] 通知をタップします。
  • [USB の使用] の下で [ファイル転送] を選択します。
  • パソコン側で、ファイル転送のウィンドウが開いたら、ファイルをドラッグします。
  • 転送を終えたら、Windows から端末の接続を解除します。
  • USB ケーブルを取り外します。
Mac の場合


  • パソコンに Android File Transfer をダウンロードしてインストールします。
  • Android File Transfer を開きます(次回からは、端末を接続すると自動的に開きます)。
  • Android 搭載端末のロックを解除します。
  • USB ケーブルを使って、端末をパソコンに接続します。
  • 端末で [この端末を USB で充電中] 通知をタップします。
  • [USB の使用] の下で [ファイル転送] を選択します。
  • パソコン側で、Android File Transferのウィンドウが開いたら、ファイルをドラッグします。
  • 転送を終えたら、USB ケーブルを取り外します。

スマフォをPCと接続したら
メインストレージ>VPocketフォルダ内にエクスポートしたVRMファイルを移動させます。

「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう

上記方法でメインストレージ>VPocketフォルダが見当たらない場合、ファイルマネージャー系アプリをインストールして「VPocket」で検索してみてください。
また、ファイルマネージャーアプリで移動させたファイルをコピーできます。適当な端末内の場所に移動だけさせてコピーするのも良さそうです。

オススメのファイルマネージャーはこれだ!

「VPocket」でVRMを表示する

「VPocket」アプリを起動してモデル変更追加したVRMを選択

「VRoid Studio」で作った3Dモデルが表示されました!
表情やポーズ変更は直感的に操作できると思います。
※一度編集しちゃうと初期化ができないので注意です

ではいよいよAR体験をしてみましょう〜

AR体験

「VPocket」アプリを起動して背景変更ARを選択

わーーリアル召喚!
テンションあがるやつ!!

ちなみにドワンゴ株式会社様「ニコニ立体ちゃん」を選択したら髪の毛もふぁさーーって動きます。

いいないいな、「VRoid Studio」で作った髪の毛もファサーってしたいよ!

「VPocket」のダウンロード

「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう

iPhoneの場合

以下のボタンをタップするとApp Storeのダウンロードページに移動します。

VPocketダウンロード

Android端末の場合

以下のボタンをタップするとGoogle Playのダウンロードページに移動します。

VPocketダウンロード

まとめ

これでインカメとリップシンク+モーションできて、動画撮れたら配信はかどりそうだなぁと思いました。
写真も今は画面キャプチャーですが撮れます。散らかった部屋ですみません
「VRoid Studio」で作った3Dモデルを「VPocket」アプリを使ってスマフォでAR体験しよう
お出かけ先でパシャリすると楽しそうだなぁ。

まだまだ開発中とのことなのでこれからどうバージョンアップしてくのか楽しみです。
とっても簡単にポケットの中にマイアバターができるので是非試してみてください!