なぜSEO対策を行うにあたり正しいソースコードを書かなければならないのか

なぜSEO対策を行うにあたり正しいソースコードを書かなければならないのか
なぜSEO対策を行うにあたり正しいソースコードを書かなければならないのか

なぜSEO対策を行うにあたり正しいソースコードを書かなければならないのか

なぜSEO対策を行うにあたり正しいソースコードを書かなければならないのか
最終更新日:2018.10.30

【SEO】今更聞けない内部対策と外部対策とはで、内部対策に関する事を記事にしてきました。

内部対策を行うにあたり、ページタイトルやディスクリプション等の設定、SSL化やスマホ対応と内部的な要素がSEO対策に必要となってきます。

このことからわかるように、SEO対策を行っていこうと考えると内部的な要素が大きくかかわっていて、内部コンテンツやソースコードがしっかりしていなければ検索結果を上位にあげていくのはとても困難です。

今回は、好まれるソースコード?正しいソース?とは一体なんなのか、どうして正しくないとSEO対策として効果を発揮できないかを説明していきたいと思います。

Advertisement

検索エンジンに好まれるソースコードとは?

まず、検索エンジンに好まれるという意味は【SEO】今更聞けない内部対策と外部対策とはで紹介していますので、ざっと目を通してみてください。

しかし、上記URLで紹介しているのはソースコードの事ではなく、基本的サイト作りやコンテンツに関する内容となっていて、主にユーザービリティに関してを多く説明しています。

閲覧しているユーザーが利用しやすいかどうかで検索エンジンに好まれるサイト作りを考えるという事になりますが、今回は検索エンジンに好まれるソースコードという事なので少し意味合いが違い、普段ユーザーに見えない部分を強化し、検索エンジンに好まれる使用に変えていき、SEO対策での効果を得るというものです。

検索エンジンのロボットがあなたのウェブサイトを見に来た際、ページの上から順に辿り、情報を持ち帰るという事をしていますが、正しいソースコードでなかったり、古いソースコードを使用している場合などにはあなたのサイト情報を正しく持ち帰る事ができず正常にクロールを行ってくれない可能性が発生してしまいます。

この場合、検索エンジン側にあなたのWEBページがしっかりと認識されず、優良なページだとしても検索エンジン側からの評価は低くなってしまい、検索順位も上がりにくくなってしまうのです。

こういった問題を避ける為にも検索エンジンに好まれるソースコードを使用してWEBページを構築しなければならないのです。

Advertisement

正しいソースコードとは?

それでは正しいソースコードとはどういう事なのでしょうか。

リアルな例えをすると

あなたは友人を家に招待しました。しかし、友人はあなたの家の構造が複雑であったり、予期せぬ場所に玄関が設定されていたり、トイレまでの階段が途中でなくなっていたりした場合、友人は再びあなたの家に遊びにきたいと思うでしょうか。

ウェブサイトも家と同じで、利用しずらい状態、どこに何があるのかわからない状態だと再度ページにアクセスしようと思う人は減ってしまいます。

検索エンジンも同様、何がどのようにあるページなのかわからない状態だとクロールできなくなってしまうのです。

ですので、

検索エンジンが認識しやすいWEBページ→検索エンジンが正しい評価を行えるサイト→正しいソースコードで構築されているページになるわけです。

なぜSEO対策を行うにあたり正しいソースコードを書かなければならないのかまとめ

いろいろと説明してきましたが、SEO対策における正しいソースコードを用いてサイトを構築しなければならないとは「検索エンジンに好まれる構造にする」という意味になります。

正しいソースコードを用いてWEBページを作成すれば、検索エンジンにとっても利用するユーザーにとっても良いウェブページとなり、SEO対策にももっとも効果が見込めるようになるでしょう。

Advertisement