5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?

5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?

5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?

5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?
最終更新日:2019.01.23

2020年に商用化が始まる次世代通信規格「5G」。
今までの「4G」といったい何が違うのでしょうか?

5Gって何?

早い・低遅延・同時接続に強いを3本柱にした新しい通信規格です。
5Gは下り最大20Gbps以上・上り最大10Gbps以上の通信速度を目指しています。
この高速化は4K・8K動画といった大容量のリッチコンテンツの配信にも余裕でいける速度ですぞ。

なこ
ブルーレイの映画で40G位じゃから2秒でダウンロード出来ることに

5Gと4G、何が違うの?

5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?
次世代移動通信「5G」って何? 2020年の暮らしはどう変わる?

5Gはスマホの通信速度が大幅にUP!

4Gスマホよりも10倍速い速度で通信ができます。
4Gは75Mbps~100Mbpsという速度でしたが、5Gはなんと最大20Gbps以上。
4Gと同じMでそろえると20000Mbpsですぞ\(^o^)/やばいぞ。

遅延が少なくなります

5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?
5Gの場合、ネットワーク遅延が1ミリ秒(1000分の1秒)以下になるそうです。
4Gは大体10msくらいは遅れて届くのですがこれを1ms以内にするのが目標みたいです!

遅延が少ないということは正確な動きを瞬時に伝えられるということ。
車の自動運転や遠隔医療など瞬間的に正確な判断をしなければならないとき、低遅延がいきてきます。
ゲーム等も反応が早くなりFPSや格闘ゲームも可能ですね!

ちけじ
格ゲーに遅延は大敵だから詳しいよ!

大勢の人が同時にネットワークへアクセスできます

100万台の「多数同時接続」ができるそうです。
よくお祭り会場やイベントで沢山の人が集まっている場所に行ったとき、繋がらなかったり遅くなったりしませんでしたか?
それが解消されます!

5Gが普及したらどうなるの?

リッチコンテンツが増える

4K・8K動画といった大容量のリッチコンテンツの配信にも耐えうる速度なので、動画サイトやオンデマンド配信サービスの多様化が進みそうですね。

広告のあり方が変わる

スマートフォン(スマホ)を主戦場とするツイッターなどのSNS(交流サイト)で動画広告が主流となり、若年層を中心に影響力がUPしています。
Instagram(インスタグラム)やTwitter(ツイッター)、動画ソーシャルアプリTikTok(ティックトック)。
流行りのSNSも動画での拡散力があがっています。
さらに大量のデータをやりとりできる5Gの普及により、バナー広告ではなく動画広告がメインになりそうです。

ゲームのリアルタイム化

5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?
遅延が致命的になる格闘ゲームも有線接続せず5G回線で楽しめます。
ゲーム機もポータブル化が進みそうですね。

自動運転車の普及

遅延なく伝達できるという事は正確な動きを瞬時に伝えることができるということ。
交通事故を瞬時に判断し防いだり、お年寄りの運転サポートをしたり、そんな事ができそうです。

今もドライブレコーダーにリアルタイムで接続して事故状況を判断し保険適応してくれるサービスがありますが、より進化していきそうです。

5Gって何?4Gとの違いは?5Gが普及したらどうなる?
〝いざ〟というとき、お客様を「お守りする」新しい保険
事故時の安心から、日常の安全運転サポートまでお客様のさらなる安心・安全なカーライフを実現。
ドライブレコーダーが強い衝撃を検知すると、自動で事故受付センターに連絡、
状況に応じて救急車の手配などの事故対応を行います。
ドライブエージェント パーソナル

まとめ

ほんと未来ですね!!スマフォが主流になってきた今、モバイル端末でなんでも出来る時代がきそうです。
楽しみですね〜